ビタミンC

ビタミンCについて

ビタミンCは、柑橘類の成分が壊血病を予防することから発見された水溶性ビタミンの一種です。今日では、美白・美肌・シミの予防といった効果をもつ栄養素、あるいは、風邪やガン、動脈硬化性疾患に対する効果をもつビタミンとして注目されています。
また、抗酸化作用をもつことから、生活習慣病を予防するためのベーシックなサプリメントとしてよく利用されています。
期待される効能としては、風邪の初期における治療効果、上部消化菅(食道・胃)のガンや乳ガンの発症リスク抑制、高血圧の予防と改善、胆のう疾患の発症リスク抑制、女性の末梢循環不全の改善、結合組織であるコラーゲン合成への作用、鉄・銅代謝の調節作用、鉄の吸収促進などです。
ビタミンCの化学物質名はアスコルビン酸です。水溶性ビタミンとして、体内におけるさまざまな代謝過程で作用します。ビタミンCは代表的な抗酸化ビタミンであり、ビタミンEと協同して働くことによる抗酸化作用が注目されています。
ビタミンCは、タンパク質の一種であるコラーゲンの合成を促進します。
コラーゲンは、骨や皮膚などの結合組織の構成成分であり、細胞の成長と修復に重要です。
また、抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成にも必要であり、ストレスが多いと消費されます。さらに、喫煙者ではビタミンCが多く消費されます。
ビタミンCは比較的短時間で体外に排泄されるため、効果を維持するためには食事ごとなど、1日に何度かに分けて摂取するのが好ましいようです。
ビタミンCは、感染や運動負荷、ストレスなどによって必要量が増加します。
また、喫煙者は非喫煙者よりも多くビタミンCが消費されます。したがって、各自の生活習慣に応じて、ビタミンCを多めに摂取することも必要です。

ビタミンサプリメントはこちら
posted by サプリ at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。