サメ肝油

サメの肝油について

サメ軟骨は脈管形成(血液や栄養分を腫瘍へ運ぶ新しい血管を形成すること)を阻害することで効果を表します。
血液が運ばれなければ腫瘍は成長することができないので、がん細胞は広がりません。研究者たちは、サメは軟骨以外の部位、たとえば肝臓のほうが、ガンと戦う力が強いと主張しているようです。
サメの肝油にはビタミンAやビタミンDのほか、スクワランやアルコキツグリセロール(AKG)など生物学的活性をもつ化合物が多く含まれており、このような化合物についても現在研究が行われています。また、免疫系に働きかけて健康を促進する物質も含まれています。
サメの肝油はウイルス感染症や酵母(カンジダ)感染症を抑えるマクロファージ(白血球細胞のひとつ)の生成を助けます。また、数々の動物実験で、科学的に誘発したガンを阻害する働きを見せたそうです。
サメの肝油には放射線照射による火傷を防ぐ効果があり、ガン患者にとっては大変有益です。
通常、放射線を浴びると免疫機能が低下し、ガンと戦う白血球やリンパ球が減少します。しかし、動物実験で、サメの肝臓の構成成分であるスクワラン
を餌に加え、致死量の放射線を照射したところ、免疫システムは低下せず、サメの肝油を与えられなかった場合と比べて長く生存することができました。
ヨーロッパと日本で行われた研究結果によると、放射線治療中および治療前後のガン患者にサメの肝油を与えたところ、免疫機能の低下が少なかったそうです。
サメの肝油は免疫機能を強化するだけでなく、フリージカルの攻撃から細胞膜を保護する強力な抗酸化剤でもあります。免疫機能を強化し、風邪や他の感染症に対する抵抗力を養うには、サメの肝油を毎日摂るといいでしょう。




【サメ肝油(スクワレン)+ビタミンE】  3個セット!【株式会社マリンプロジェクト】
サメ肝油(スクワレン)+ビタミンE
サメ肝油は古くから「スクワレン」の名前で健康維持のための食品として脚光を浴びてきました。スクワレンの最大の機能はカラダの隅々まで酸素を運ぶことです。 またサメ肝油は、幼稚園児のころ皆が「肝油ドロップ」として食べていたように 極めて安全性の高い成分で、問題となる健康被害や副作用、医薬品との相互作用は報告されていません。
本品はこのサメ肝油に加え、ビタミンEを高濃度で配合し厚生労働省が定める「栄養機能食品」としております。


サメ肝油+α(プラスアルファ) 1本【ほほえみクラブ】
サメ肝油+α
「サメ肝油+α」は、抗酸化力がビタミンEの1000倍!で話題のアスタキサンチン、さらに体サラサラ成分として有名なイチョウ葉エキスを強化配合。酸化を防ぎ鮮度を保つ飲みやすいソフトカプセルに充填しました。もちろん、防腐剤、保存料は一切使用しておらず、日本製なので安心品質です。


深海鮫肝油 1本【ほほえみクラブ】
深海鮫肝油 1本
良質のスクワレンが採れるアイザメの肝臓から採れる肝油の約9割を占めるスクワレンには水を分解して水素を取り込み、酸素を放出、結合する仕組みがあります。それにより代謝を活発化し、体をサラサラにし、美しくみずみずしい素肌も蘇らせてくれるのです。さらにスクワレンは、肌への浸透性もよく、保湿する働きに優れ、しかも無臭なため化粧品などに重要な材料です。 スクワレンは、もともと私たちの皮膚にも含まれている成分ですが、特に中高年女性の衰え気味の肌にはスクワレンが不足がちになります。手軽に摂取できる深海鮫肝油で快適な体調を手に入れてください。


驚異的な生命力を持つ深海鮫の肝油エキスで、あなたの健康をサポート!さらに老化防止のためCOQ10がセットに!【深海鮫肝油2個セット+コエンザイムQ10(21球付き)】【悠々生活.com】
深海鮫肝油2個セット+コエンザイムQ10
ニュージーランド産深海鮫肝油は綺麗な海で育った新鮮な深海鮫の肝油を100%精製したものです。国際的な食品衛生管理(HACCPシステム)を導入した管理に基づいて製造しております。


アイ鮫肝油【アメディアお悩み解決ショップ】
アイ鮫肝油
サラサラ作用で知られる鮫肝油の中でも特に肝臓が大きく効果が高いと言われているアイ鮫の品質の高い肝油だけを使用。純度99.7%まで精製した、ピュアに近い肝油で、有効成分スクワレンを無理なく浸透させます
posted by サプリ at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サメ軟骨・サメ肝油
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27244504
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。