カルシウム

カルシウムについて

カルシウムは体の1.5〜2%ほどを占めており、そのうち99%は炭酸塩やリン酸塩として骨や歯に存在します。残りのカルシウムは、筋肉や神経、血液中に存在します。
厚生労働省の国民栄養調査では、カルシウムの摂取量が少ないことが示されています。具体的には、1日あたり所要量600mg対して、550mg前後で推移しています。そのため、食事に加えて、サプリメントを上手に利用することが好ましいと言えます。
カルシウムの期待される効能は、骨祖しょう症および骨折の予防、月経前症候群(PMS)に伴う症状の緩和、閉経後の骨祖しょう症の治療、腎臓病患者におけるリンや甲状腺ホルモン代謝の調整などです。
骨はカルシウムの貯蔵庫であり、必要に応じて、カルシウムを沈着させたり、血液中に溶出したりします。血液中のカルシウムは、生命活動に必要な調整機能を担っています。
カルシウムの吸収過程には様々な要素が影響を及ぼすため、摂取したカルシウムがそのまま体内で利用されるわけではありません。たとえば、シュウ酸やフィト酸、リンなどはカルシウムの吸収を抑制します。一方、ビタミンDやある種のアミノ酸はカルシウムの吸収を促進します。
カルシウムのサプリメントの摂取方法は、ベーシックなサプリメントとして継続して摂取します。特に成長期の小児、高齢者、妊婦・授乳婦などはカルシウム不足になりやすいので積極的に利用するといいようです。



カルシウム不足解消!骨に良い成分を配合であなたの骨・体を健康にしてくれる保健機能食品【ボーンフラッシュ】4個以上で送料無料!【金のたまご】
ボーンフラッシュ
カルシウム不足解消!骨に良い成分を配合であなたの骨・体を健康にしてくれる保健機能食品


ワダカルシウム製薬 『カルコラーゲン』(約300粒)【ワダカルシウム製薬の健康食品 [Wadacal Shop]】
カルコラーゲン
カルシウムとマグネシウムそしてコラーゲンを2:1:1のバランスで、
骨の健康と体のしなやかな動きを支える理想的な配合を実現。
カルシウムの吸収や骨の発育を助け、うるおいある美しさをサポートする
イソフラボン、ビタミンK2、ビタミンD3も配合された健康・美容食品です。


ハンカル(水溶性カルシウム)60【サンテそれいゆ】
ハンカル(水溶性カルシウム)60
ご飯を炊くときにお釜に混ぜるだけで、家族の誰もが知らない間に
カルシウム不足を解消します。


沖縄厳選素材 カルシウム+ビタミンD3【健康彩倶楽部】
カルシウム+ビタミンD3
沖縄産コーラルカルシウムと黒糖を使用1粒でカルシウム300mg 
ビタミンD3が82IU おいしく取れる保健機能食品です。



posted by サプリ at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。