やせる効果があるサプリメント

肥満について

近年、中高年層を中心として肥満者が急増しています。男性では30歳代以上、女性では40歳代以上の年代において、肥満者が多く、肥満を原因とする生活習慣病の問題が生じています。
肥満とは、単に体重が多いということではなく、脂肪組織が過剰に蓄積した状態をさします。
肥満が医学的に問題なのは、生活習慣病を合併するからです。一般に、重症の肥満になるほど、合併症の出現頻度は増加します。また、合併症の出現頻度は、肥満の重症度だけではなく、体脂肪の分布にも関係します。
同じ肥満であっても、上半身肥満のほうが下半身肥満よりも病気になりやすいようです。また、上半身肥満は皮下脂肪型肥満と内脂肪型肥満とに分けることができ、後者のほうが高血圧や高脂血症、糖尿病、痛風、脂肪肝といった病気を合併しやすいことがわかっています。
適正体重の維持には、適切な食生活と運動習慣が基本になります。ただし、太りやすい人とそうでない人がいます。食事を減らしダイエットしても思うように体重の減らない人もいれば、「やせの大食い」といわれるように、いくら食べても太らない人もいます。同じカロリーを摂取しても体重に差が生じるのは、体質による差、言い換えれば、個人のもつ遺伝子(遺伝素因)の差に起因します。
太りやすい体質をもつ人が、食べすぎや運動不足などになりやすい環境で生活するとき、肥満となります。つまり、人の肥満は、遺伝と環境との両方に関連する多因子遺伝性疾患という病態なのです。
適正体重を維持する基本は、食生活と運動習慣です。太りやすい体質の人では、ライフスタイルの見直しが特に重要です。その上で、サプリメントを生活習慣改善のために補助的に利用しましょう。

<やせる効果があるサプリメント>
体脂肪の蓄積を防ぐ
ギムネマ ・白インゲン豆抽出物
脂肪吸収を抑える
キトサン
脂肪の吸収や合成を抑える
ガルシニア
運動との併用で脂肪を減らす
カルニチン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29432939
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。