眠れないときに活用できるサプリメント

眠れない症状について

最近の調査によると、不眠を訴える人が増えていることが報告されています。たとえば、北里大学が1万人を対象に行った調査では、半数の人が「不眠症」あるいはその疑いがあるとされました。
脳には、睡眠を司る「睡眠中枢」と、覚醒を司る「覚醒中枢」とがあり、この両者の調節機構が正常に働かないと、睡眠障害の1つとして不眠症が生じるようです。不眠症の原因としては、過労やストレス、うつ病、いくつかの身体的な疾患などが知られています。
「昨夜はよく眠れなかった」といった「不眠」は、一過性のストレスや身体的苦痛などによって起こります。一時的に眠れない状態は、生体の生理的な反応としての不眠ですが、医学的には「不眠症(睡眠障害)」とは呼びません。単なる不眠は、医学的には疾患ではなく、治療対象」とはされないようです。
病気としての不眠症とは、次のいずれかの症状が週2回以上認められ、少なくとも1カ月間持続する場合をいいます。
1.入眠障害:寝つきが悪く、入眠するのに長い時間を要する病態。就床後1〜2時間以上眠れない状態。2.中間覚醒:夜中に目が覚めやすい病態。複数回目が覚める場合や、目が覚めたあと眠れない場合があります。3.早朝覚醒:意図したよりも早く目が覚める病態。生理現象として高齢者に多く、また、うつ病の症状の1つでもあります。4.熟眠障害:熟眠したという満足感がなく、覚醒時に睡眠不足を感じる病態です。
以上が不眠症の代表的な病態となります。

<不眠症に効果があるサプリメント>
穏やかに睡眠に働く
バレリアン
睡眠のリズムを整える
メラトニン
うつ病に伴う不眠症に働く
セントジョーンズワート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29691684
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。