肩こりを解消するサプリメント

肩こりの症状

現代病ともいわれる肩こりは、日本人にとても多い症状です。
首や肩周辺の不快感はひどくなると頭痛や腕へのしびれ、集中力の低下、倦怠感などの症状が現れます。
主に筋肉の酸素不足と老廃物の蓄積などが肩こりを引き起こすといわれていますが、それ以外の原因もあります。
・姿勢〜長時間同じ姿勢を続けていると筋肉の緊張状態が続き、血液の循環が悪くなります。寝転んでテレビや雑誌を見る、猫背などもその原因です。
・骨〜骨に何らかの異常をきたし、神経を圧迫して痛みやしびれを起こすこともあります。
・内臓系〜糖尿病、高血圧、心筋梗塞、狭心症、貧血、胃炎など内臓系の病気が肩こりの原因になることもあります。
・眼精疲労〜メガネ、コンタクトレンズが合っていなかったり、パソコンを長時間使用することで症状がでます。
・体形〜肥満、痩せすぎなどによる筋力の衰えが原因になります。また、なで肩、猫背、いつも下を向いているなども肩の筋肉に負担がかかりやすいので要注意です。
慢性的な肩こりの場合は、温めることが大切です。ぬるめのお湯にゆっくり浸かる、使い捨てカイロをタオルで包んで患部に当てるなどの方法があります。
長時間同じ姿勢でいる人は、こまめに肩を動かすことです。仕事の合間に肩周辺を意識したストレッチを行い、猫背気味の人は、姿勢に気をつけることです。
栄養面では、ビタミンB1が不足すると疲労物質を蓄積させ、肩こりを引き起こします。また、筋肉の血行をよくするにはビタミンE、イチョウ葉エキス、シナモン、疲労物質を分解するクエン酸などがあります。眼精疲労からくる肩こりにはブルーベリーも効果的のようです。

<肩こりに効果的なサプリメント>
・ビタミンE、ビタミンB1 ・クエン酸 ・イチョウ葉エキス ・ブルーベリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。