口内炎を予防するサプリメント

口内炎の症状

口の中の粘膜の炎症が口内炎です。原因は口の中にある場合と、全身的な病気の症状として起こる場合があります。
なぜ発症したのか理由がわからないケースも多いのですが、大部分の口内炎は心配のいらないものばかりのようです。
代表的な症状は、中央部が浅く窪んだ白っぽい腫瘍ができる「アフタ性口内炎」です。10〜2週間ほどで完治しますが、再発することもあります。粘膜に炎症が生じて赤くなる症状を「カタル性口内炎」といい、口内粘膜全体に発生しますが、くちびるや口角に多く見られます。また、ビタミン不足で発生することもあります。
その他には、刺激物や薬物などにアレルギーを起こす、ヘルペスなどに感染する、カビが原因で起こる、ヘビースモーカーに多い口内炎などもあります。
口内炎の原因はいまだによくわからないため、痛みを和らげることしかできません。しかし、発症しやすい状況としては、暴飲暴食、栄養面の偏り、慢性的な疲れ、ストレス、睡眠不足、体調不良、ビタミン不足などがあり、生活習慣を改善する必要があります。
また、口内炎ができてしまった場合は、うがいが効果的です。1日数回行うだけで、すんなり治ることもあります。香辛料などの刺激物を控える、お酒やタバコを控える、睡眠をしっかりとって、体調を整えるなどの対処をしましょう。
サプリメントで栄養補給を行う場合は、ビタミンB群を積極的に摂取します。特にビタミンB1は疲労回復、ビタミンB6は皮膚を丈夫にするなどの相乗効果があります。また、上皮細胞や粘膜を正常に保つ働きのあるビタミンAや、抗炎症作用を持つプロポリスも口内炎予防には欠かせません。

<口内炎に効くサプリメント>
プロポリス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。