口臭を防ぐサプリメント

口臭の原因

口臭は食べカスが口の中に歯垢として残り、それが口の中の細菌(口腔細菌)によって腐敗発酵を起こし、培養したことで発生します。大半は口の中の汚れがもとになっています。
朝起きたときの口臭は強く、その原因は眠っている間に細菌が繁殖して食べカスの分解や発酵が進むためです。空腹時も胃液のバランスの崩れや唾液の分泌不足が原因で発生します。緊張やストレスを感じたとき、ニンニクなどの臭いの強い食べ物を食べたとき、女性であれば月経中や妊娠中などに口臭は強くなります。
口臭の中でも最も重要視しなければいけないのは、虫歯や歯垢、歯槽膿漏、歯肉炎など病気が原因の場合です。歯や歯肉から血や膿が出ていると口臭のもとになります。また、胃腸などにトラブルがあると舌の表面にコケのようなもの(舌苔)が付着して、悪臭を放ちます。
唾液の分泌量が増えると、口の中を清潔に保ってくれるほか、消化を助けて胃の中の戻り臭を防いでくれるので、物をよく噛んで食べましょう。食べカスは食後20分で腐敗が始まるので、必ず歯を磨く習慣をつけましょう。
クエン酸は食べカスの腐敗発酵を防いでくれるので、食後に梅干やレモンがお薦めです。さらに緑茶に含まれるカテキンが細菌の増殖を抑え、消臭効果のあるポリフェノールが口臭を防止してくれます。また、ニンニク料理を食べたあとには牛乳を飲む、タバコを控える、胃腸の調子を整える、飴やスプレーを上手に活用するなど、その場の状況に合わせて工夫することで口臭予防が可能です。サプリメントでは、腸内の異常発酵が原因で起こる口臭に、シャンピニオンや乳酸菌などが効果的です。

<口臭を予防するサプリメント>
カテキン ・クエン酸 ・ポリフェノール ・シャンピニオン ・乳酸菌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。