物忘れに効果的なサプリメント

物忘れの症状

物忘れとは老化、生活習慣などにより脳への刺激が減ることによって、脳の機能が低下すると現れます。
人は誰でも歳をとると物忘れは出てきますし、新しい物事を覚えることも昔のように簡単にはいかなくなります。これは、加齢による生理的な変化による物忘れで、認知症とは違います。
人の名前が思い出せない、探し物が増えてきたなどは、脳の老化現象で40歳を過ぎた頃から始まると言われていますが、速度や程度は若干個人差が見られるようです。
一方、認知症とは正常に発達して獲得された知的能力が、脳疾患や老衰などによって低下した状態のことで、脳の障害によって生じる病気です。
老化に伴った物忘れは、脳へ刺激を受けることで機能が改善します。いつまでもたくさんの事柄に興味を持ち、好奇心を忘れないことが大切です。小さいことでも構わないので、日々、目標を持って生活すれば、脳へのリハビリにもなります。
その他には塩分と動物性脂肪を控えたバランスのよい食事をとる、適度な運動を行う、深酒とタバコをやめて規則正しい生活を送る、高血圧、肥満など生活習慣病の予防などが効果的です。
サプリメントでは、神経伝達物質を作るのに必要なビタミンB1・B6・Eが有効です。また、脳神経細胞の発達や保護をしてくれるのが、DHA、EPA、レシチン、テアニン、カルニチンなどです。脳の働き良いとされているのは高麗人参といわれています。認知症には、イチョウ葉エキス、ビタミンB12などです。

<物忘れに効果的なサプリメント>
DHA ・EPA ・カルニチン ・高麗人参 ・イチョウ葉エキス ・レシチン
posted by サプリ at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34334119
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。