レシチン

レシチンについて

レシチンとは、脳や神経組織、肝臓に多く含まれるリン脂質の一種で、細胞膜の主要な構成成分として、さなざまな機能を担っています。「ホスファチジルコリン」とも呼ばれています。
レシチンをサプリメントなどによって摂取することで、肝臓や脳への効果が期待できます。
レシチンは、アルコール性肝障害やウイルス性肝炎などに対して、肝機能を改善します。これは、レシチンから作られる「コリン」という成分が、肝臓での脂質代謝(利用と排出)には欠かせないものであることに加えて、肝機能を保護する作用をもっているからです。
また、レシチンには、認知症や脳機能の異常に伴う認知障害に対しても効果的であるといわれています。
リン脂質であるレシチンは、脳細胞や神経細胞、骨髄、肝臓、心臓などに多く含まれます。レシチンは、肝臓内でも合成されますが、年齢とともに生産量が必要量を下回り、その差を埋める為に食物やサプリメントなどでの摂取が必要となります。そのレシチンは親水性と親油性の両方の性質持っているので、「乳化作用」(本来溶け合わない水分と脂肪を混ぜ合わせる性質)があり、血管内に溜まったコレステロールを溶けやすくして、体外に排出して血管の壁をきれいにします。その結果コレステロール値をコントロールして脂質代謝を促進します。
またレシチンのもうひとつの重要な役目は細胞膜や細胞の核にあって、新しい細胞作りや、細胞に必要な酵素や栄養分を供給し、また老廃物を排出する働きを担っています。そのため、 レシチン不足は細胞一つ一つに十分な栄養分や酵素を送ることができず、また老廃物が吐き出されない為に血行が悪くなってしまいます。レシチンは身体の隅々まで行き渡り栄養の循環をさせ、不要なものを回収してくる大切な栄養素なのです。またレシチンの親水性は水分を取り込む性質があるので、皮膚細胞の新陳代謝を促し、みずみずしい美しい肌を保つことができます。
レシチンは、通常の食材に由来するもので、特に問題となる健康被害や副作用は認められていません。



レシチン 1200mg【フリークショップ】
レシチン
必要な時に、1ソフトジェルを水でご使用ください。このボトル(100ソフトジェル)で一ヶ月のご使用が目安です。 成分(1ソフトジェルあたり):レシチン1200mg レシチンは大豆や卵黄、レバー、ウナギ、ごま油などの食品に多く含まれている成分で、私たちのすべての細胞膜を構成している主要成分のひとつです。


【ファイナルチェンジ】TVで放映されたサポニンとレシチンと食物繊維にビタミンCをたっぷり配合!!ヤセ体質をめざしましょう♪【美容と健康なら「らく楽気分」ショップ】
ファイナルチェンジ
TVで放映されたサポニンとレシチンと食物繊維に
ビタミンCをたっぷり配合!ヤセ体質をめざしましょう。


ニューレシチン2個セット【マイライフ -美容・健康店-】
ニューレシチン2個セット
メタボリック対策に1役買います!
最近注目の大豆レシチン生活習慣から来る様々な障害の予防に。
大豆レシチンには活性酸素を除去したり、コレステロ−ル値を正常にしたりと様々な要素が詰まっています。
レシチンは肥満の原因の1つ、脂肪の代謝異常を正常に脂肪を必要なところに均一に分配長期摂取で肥満対策が可能です。
posted by サプリ at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のサプリメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34421751
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。