ビタミン剤

ビタミン剤について

生活習慣病などの予防を目的に多めにとるとなると、食事でとれる量ではありませんから、ビタミン剤を利用することになります。
ビタミン剤はビタミンを補ってくれますが、食事に含まれている他の栄養素は含まれていません。ビタミンは体の中で、他のビタミンやミネラルと関わりあって機能しています。たとえば、マグネシウムはビタミンCの代謝を助け、ビタミンEの働きはセレンと一緒のときに高まります。ビタミンB群は協力して働いています。
一つのビタミンのみを過剰に摂ってバランスを崩すことのないようにしなければなりません。
ビタミン剤の表示には化学名が使われているものもありますので、覚えておくと役に立ちます。

<ビタミンの通称と化学名>
ビタミンA〜レチノール
ビタミンB1〜サイアミン
ビタミンB2〜リボフラビン
ニコチン酸〜ナイアシン
ビタミンB6〜ピリドキシン
ビタミンB12〜コバラミン
葉酸〜プテロイルグルタミン酸
ビタミンC〜アスコルビン酸
ビタミンD〜カルシフェローズ
ビタミンE〜トコフェロール
ビタミンK〜フィロキノン

ビタミンのサプリメントはこちら
posted by サプリ at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン

ビタミンのサプリメント

【VITA supli Multi VITAMIN】最近食生活乱れてませんか??全ての根源はバランスの良いビタミン摂取から!【Store VITA】
VITA supli Multi VITAMIN
トータルにバランス良くビタミンを摂ることが
大事なため、『ヴィータサプリマルチビタミン』
では11種を配合しております。

女性用マルチビタミン&ミネラル【テレレビューティコーポレーション】
女性用マルチビタミン&ミネラル
女性の美容と健康を考えてつくられたお勧めのサプリメントです。
普段の生活ではなかなか摂取できない栄養素を平均的に取り入れて
さらに美容に良い成分が取り込まれています。

コラーゲン+ビタミンC【テレレビューティコーポレーション】
コラーゲン+ビタミンC
20歳をピークに生産が減少してしまうコラーゲンを補うだけでなく
不足しがちなビタミンCも摂取できるお勧め美肌サプリです。
しわ、たるみなどにお悩みの方にも効果的です。

ポーリング博士のスーパーマルチビタミン【テレレビューティコーポレーション】
ポーリング博士のスーパーマルチビタミン
ノーベル賞を2回受賞した博士監修の人気ビタミンシリーズです。
食生活が偏りがちな現代人向けに必要な栄養素を全て配合した
お勧め商品です。

ビタミンB-50 コンプレックス【テレレビューティコーポレーション】
ビタミンB-50 コンプレックス
なかなか摂取しにくいビタミンB郡をとることにより、
疲れている時など元気のエネルギーを補ってくれる
サプリメントです。
髪の毛や肌にも良い効果がありストレスと過労に負けない
体作りをお手伝いします。

ビタミンE 400【テレレビューティコーポレーション】
ビタミンE 400
活性酸素の発生を抑制して老化予防をしてくれるサプリメントです。
豊富な天然ビタミンEを摂取することで疲れにくい身体とサラサラ
の血液を手に入れられます。

ポーリング博士のビタミンC 1000mg【テレレビューティコーポレーション】
ポーリング博士のビタミンC 1000mg
人気のDrポーリングのビタミンシリーズです。1日に必要と
言われているビタミンC1000mgが摂取でき、博士が考案した
タイムリリース製法というゆっくり時間を掛けて栄養素が身体
に浸透します。

セレブホワイト♪持続型高浸透ビタミンC誘導体サプリ!【大海(やまと)ショップ】
セレブホワイト♪持続型高浸透ビタミンC誘導体サプリ
美白化粧品で大人気のビタミンC誘導体が初めてサプリメント
になりました。ノーベル賞受賞シグナル理論から生まれた
次世代型プロビタミンCサプリメント「セレブ・ホワイト」。
細胞の中でCになるビタミンC誘導体!浸透性、即効性、
持続性に優れています。

ビタミンC1000スティック・3個セット【アメディアお悩み解決ショップ】
ビタミンC1000スティック・3個セット
美容、健康と人間の体が健やかになるための基本的な栄養素。
1袋でビタミンC1000mg、レモン果汁約50個分。
お得な3個セットです。

1セットから送料無料♪肌年齢を若くしたい方、紫外線対策に!粉末のビタミンCがお肌に溶け込む【シースルーパウダー2本】【これこれ倶楽部】
シースルーパウダー2本
厳密に言うと化粧品の効果効能はいえないことになっているため、
ビタミンCの配合量が医薬部外品の3倍もあっても、シースルー
パウダーに美白効果があるとはいえません。
ただビタミンCが美白にいいことは今や常識です。
そのビタミンCが薬用の3倍配合されています。
posted by サプリ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン

ビタミンC

ビタミンCについて

ビタミンCは、柑橘類の成分が壊血病を予防することから発見された水溶性ビタミンの一種です。今日では、美白・美肌・シミの予防といった効果をもつ栄養素、あるいは、風邪やガン、動脈硬化性疾患に対する効果をもつビタミンとして注目されています。
また、抗酸化作用をもつことから、生活習慣病を予防するためのベーシックなサプリメントとしてよく利用されています。
期待される効能としては、風邪の初期における治療効果、上部消化菅(食道・胃)のガンや乳ガンの発症リスク抑制、高血圧の予防と改善、胆のう疾患の発症リスク抑制、女性の末梢循環不全の改善、結合組織であるコラーゲン合成への作用、鉄・銅代謝の調節作用、鉄の吸収促進などです。
ビタミンCの化学物質名はアスコルビン酸です。水溶性ビタミンとして、体内におけるさまざまな代謝過程で作用します。ビタミンCは代表的な抗酸化ビタミンであり、ビタミンEと協同して働くことによる抗酸化作用が注目されています。
ビタミンCは、タンパク質の一種であるコラーゲンの合成を促進します。
コラーゲンは、骨や皮膚などの結合組織の構成成分であり、細胞の成長と修復に重要です。
また、抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成にも必要であり、ストレスが多いと消費されます。さらに、喫煙者ではビタミンCが多く消費されます。
ビタミンCは比較的短時間で体外に排泄されるため、効果を維持するためには食事ごとなど、1日に何度かに分けて摂取するのが好ましいようです。
ビタミンCは、感染や運動負荷、ストレスなどによって必要量が増加します。
また、喫煙者は非喫煙者よりも多くビタミンCが消費されます。したがって、各自の生活習慣に応じて、ビタミンCを多めに摂取することも必要です。

ビタミンサプリメントはこちら
posted by サプリ at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン

ビタミンB群

ビタミンB群

ビタミンB群は、体内における糖代謝や脂質代謝などの物質代謝に欠かせない栄養素です。
食事に含まれる炭水化物(糖質)・タンパク質・脂質の3大栄養素から、生体活動に必要なエネルギーが作り出されます。このエネルギー産生過程で、補酵素として働くのがビタミンB群(特にB1)です。
B群に分類される個別のビタミン類には、疲労回復、皮膚や粘膜の健康維持、糖代謝や脂質代謝の正常化、神経系への作用など多くの効果が認められています。

<ビタミンB群の効果>
ビタミンB1(チアミン):糖代謝の促進や神経機能の維持
ビタミンB2(リボフラビン):フラビン酵素の成分。皮膚や口腔粘膜の機能維持。脂質代謝に関与。
ナイアシン(ニコチン酸、ニコチン酸アミド):酸化還元酵素に関与する補酵素の成分。
ビタミンB6(ピリドキシン):タンパク質・脂質代謝に関与。神経伝達物質
(ギャバ)の合成に関与。月経前症候群(PMS)に伴う症状の改善。つわりの改善。小児に見られるある種の痙攣発作の改善。
パントテン酸:タンパク質・糖質・脂質代謝に関与する酵素の成分。
ビオチン:糖新生の促進。アミノ酸代謝や脂肪酸合成の促進。
葉酸(プテロイルグルタミン酸):タンパク質合成に関与。赤血球の産生。神経細胞の成長促進。胎児の神経管欠損症の予防(妊娠初期に妊婦が摂取する。)
ビタミンB12(コバラミン):赤血球の産生に必要。神経細胞の機能維持。脂質やアミノ酸の代謝に関与。

これまでに数多くの研究が行われており、効果と安全性が確認されています。たとえば、末梢神経炎、慢性心不全、アルコール中毒などに対する臨床試験(ビタミンB1)、月経前症候群(PMS)、つわり、手根管症候群、アルコール代謝作用などに対する臨床試験(ビタミンB6)が行われ、効果が認められています。
サプリメントを利用する場合、一般に、個別のビタミンBをばらばらに摂るよりは、ビタミンB群として何種類かまとまって摂取するほうが好ましいようです。これは、B群はお互いに協同して作用するためです。

ビタミンサプリメントはこちら
posted by サプリ at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン

ビタミンK

ビタミンKについて

ビタミンKは、K1(フィロキノン)とK2(メナキノン)の2つに分類されます。
ビタミンKは、肝臓における血液凝固因子の合成に必須のビタミンとして、血液凝固能を調整します。また、カルシウムの代謝にも関与しています。
期待される効能としては、血液凝固作用の維持・調節、カルシウム代謝の調節、骨粗しょう症の予防効果などがあります。
血液が凝固するためには、肝臓において合成される血液凝固因子が必要となります。プロトロンビンなど血液凝固因子の合成過程において、ビタミンKは補酵素として作用する重要な因子です。
カルシウム代謝に関して、ビタミンKは、カルシウムが骨に利用されるのを促進するタンパク質(オステオカルシン)の合成に必須のビタミンです。
ビタミンKが不足すると、カルシウムが骨に十分に取り込まれません。
これまでに数多くの研究が行われており、効果と安全性が確認されています。
血液凝固系の病態に対する効果が知られており、さまざまな生活習慣病の予防・改善に関連したデータも報告されています。たとえば、ビタミンDとともに骨代謝に関与しており、骨粗しょう症の予防効果が示されています。

ビタミンサプリメントはこちら
posted by サプリ at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン

ビタミンE

ビタミンEについて

ビタミンEは、代表的な抗酸化ビタミン(抗酸化作用をもつビタミン)の1つであり、生活習慣病予防のためのサプリメントとして利用されています。
ビタミンEは、活性酸素の害を抑え、過酸化脂質の生成を抑制して動脈硬化性疾患を予防します。
期待される効能としては、細胞膜の機能維持、抗酸化作用、脂質過酸化の予防・改善、ある種のガンや神経疾患の予防および改善などです。
ビタミンEは、大きくトコフェロールとトコトリエノールに分けられ、さらにそれぞれがα、β、γに分類されます。ビタミンEサプリメントは、一般にαトコフェロールを主成分とします。
ビタミンEは、ビタミンCやβカロチンと同じく抗酸化作用をもつビタミンの代表です。
ビタミンEは、体内では細胞膜に局在し、活性酸素による酸化障害から細胞を守ります。また、脂質構成成分の酸化を予防します。
その他、ビタミンCの代謝に関与したり、ビタミンAやカロチン類の酸化を防いだりなどの働きをもちます。
これまでに数多くの研究が行われており、効果と安全性が確認されています。
いくつかの生活習慣病に対する効果が示されています。たとえば、前立腺ガンや胃ガンに対する予防効果を示唆するデータ、関節リウマチやパーキンソン病、ある種の神経疾患に対する効果を示したデータなどが報告されています。
ビタミンEサプリメントには、天然の素材に由来する製品と合成品とがあります。αートコフェロール当量(α-TE)という単位(ビタミンEの活性を示す単位)で比較する限り、天然型も合成型もどちらも医学的な効果は同じです。

ビタミンサプリメントはこちら
posted by サプリ at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | ビタミン

ビタミンD

ビタミンDについて

ビタミンDは、カルシウムの代謝に重要な役割をもつ脂溶性ビタミンの1つです。
化学物質名はカルシフェロールといいます。ビタミンDは、腸管からのカルシウム吸収を促進し、骨の再構築を促します。
ビタミンDの欠乏症として、乳幼児におけるくる病や、成人における骨軟化症などが知られています。さらに、高齢者では、骨粗しょう症が問題になります。
期待される効能として、消化菅からのカルシウムとリンの吸収の促進、骨からのカルシウムの動員、骨へのカルシウムの沈着促進、骨の再構成・形成の促進、腎臓におけるカルシウムとリンの再吸収の促進などがあります。
体内に吸収されたビタミンDは、肝臓や腎臓で活性型ビタミンDに変化します。人の皮膚には、プロビタミンD3が存在し、紫外線の作用でビタミンDに転換されます。
活性型ビタミンDは、消化菅からのカルシウム吸収や、腎臓尿細管でのカルシウムの再吸収を促進し、血液中のカルシウムを骨の形成・再構成に利用します。
体内でカルシウムが不足した状態では、骨のカルシウムを動員して(血液中に溶け出させて)、血液中に足りない分を補います。このとき、ビタミンDは、カルシトニンや副甲状腺ホルモンなどと協同して働くのです。
これまでに数多くの研究が行なわれており、効果と安全性が確認されています。骨・カルシウム代謝の改善効果の他、高齢者における骨折の予防効果や、早期皮膚ガンに対する効果などが臨床試験で示されています。

ビタミンサプリメントはこちら
posted by サプリ at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン

ビタミンA

ビタミンAについて

ビタミンAは、レチノール、レチナール、レチノイン酸とも呼ばれます。
食事に含まれるビタミンAとして、レバーや肝油など動物性食品に含まれるビタミンA、緑黄色野菜に多いβカロチン(体内で必要に応じてビタミンAに変換される)があります。
ビタミンAの欠乏症では、暗いところで視力が低下する夜盲症が認められます。また、皮膚や粘膜の異常も生じます。
期待される効能としては、皮膚や粘膜の機能維持、免疫機能や生殖機能の維持、網膜の機能維持などがあります。
βカロチンはビタミンAの前駆体(プロビタミン)です。
またビタミンAの前駆体であるだけでなく、それ自体が抗酸化作用をもつ成分であり、生活習慣病予防に効果があります。
ビタミンAもβカロチンも脂溶性成分であり、油に溶けた状態のほうが吸収されやすい。つまり、食事と一緒に摂るといいようです。
ビタミンAには所要量の他に、1日の許容上限摂取量が規定されています。

ビタミンサプリメントはこちら
posted by サプリ at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン

ビタミンの摂り方

ビタミンの吸収率および体内利用効率には個人差があります。
たとえば、他の食品との組み合わせや、年齢によって、吸収率
は変化します。
したがって、所要量をぎりぎりで満たしているから大丈夫だと
はいえませんし、逆に、許容上限摂取量を少し超えてしまった
から過剰症が心配だ、というのも考えすぎです。
つまり、あまり細かな数字に神経を使う必要はありません。
適切な食生活がもっとも大切なので、まず食事の内容を見直し
た上で、ベーシックなサプリメントとしてマルチビタミンを
摂ります。そして、必要があれば、トッピングとしていくつか
のビタミンを加えます。
具体的には、抗酸化ビタミンの代表であるビタミンCやE、
疲労回復効果のあるビタミンB1などをマルチビタミンに加え
るといいでしょう。
その他、妊娠可能な女性では葉酸、口唇や皮膚のトラブル予防
にはビタミンB2といった組み合わせもよく知られています。
posted by サプリ at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン

ビタミン不足

近頃、ホウレン草に含まれるビタミンCが20年前の半分に減少、というデータが示され話題になりました。
夏場のホウレン草は冬の半分の期間で育つため、吸収される栄養分が少ないことなどが理由と考えられます。最近は、旬でない真夏でもホウレン草が出回るようになり、年間平均値を押し下げたようです。
このように、旬とそうでない時期では、同じ野菜でも栄養価が違うため、ビタミンやミネラルといった基本的な栄養素についても、潜在的な不足をなくすため、サプリメントで補うことが必要となってきたといえるでしょう。
こうした傾向に加え、近年、食生活の変化(外食や加工食品の増加)のため、現代人のライフスタイルでは、ビタミン類が潜在的に不足しやすくなっています。そこで「マルチビタミン」といった製品が、ベーシックなサプリメントとして利用されています。
2002年に「米国医師会ジャーナル」に発表された研究でも、健康の維持及び慢性疾患の予防を目的として、マルチビタミン・サプリメントの摂取が推奨されています。
さらに、オプティマ・ヘルスを目標として、健康の維持増進、疾病の予防のために、ビタミン・サプリメントが積極的に利用されています。
この場合、ベーシックなサプリメントである「マルチビタミン」に加えて、いくつかのビタミン・サプリメントをトッピングとして利用します。
たとえば、ビタミンCやEは抗酸化ビタミンの代表であり、ビタミンB群は美肌効果や疲労回復作用があります。また、妊娠初期には葉酸が重要な役割をもつため、妊娠を考えている女性では、葉酸をサプリメントから補うことは常識といえます。
posted by サプリ at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン

ビタミンの種類と働き

ビタミンとは、人の体では作り出せませんが、健康の維持には
欠かすことのできない微量栄養素をいいます。
ビタミンは、体内のさまざまな代謝に関わり、生体の機能を
正常に保つために重要な栄養素です。
ビタミンは、ビタミンB群やCなどの水溶性ビタミンと、
ビタミンA、D、E、Kの脂溶性ビタミンに分けられます。
ビタミンの働きとしては、従来より、代謝調節作用や補酵素作用
が知られています。
一方、栄養素の働き以外にも、ビタミンが抗酸化作用や細胞間
情報伝達作用などをもつことがわかってきました。
そのため、適量のビタミンを摂取することは、単にビタミンの
欠乏症を予防するだけではなく、健康を維持・増進し、病気の
予防に効果的であるとして注目されています。
posted by サプリ at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。