マグネシウム

マグネシウムの事実

マグネシウムには幅広い効能があるということをあまり知られていないようです。決して目新しいサプリメントではありませんが、知れば知るほど、このミネラルの優秀さがうかがえます。
マグネシウムは心臓の鼓動や骨の生成、血糖値の調節など、生命維持にかかわるほぼ全ての機能に関与しています。「細胞活動の見張り役」とも呼ばれるほどで、細胞機能に非常に重要な役割を果たしているのです。
マグネシウム欠乏症になることが多い女性にとって、このサプリメントはとりわけ重要です。
閉経期を迎えた女性はマグネシウム量が減少し、心臓発作や心臓マヒの原因となる血栓ができやすくなります。また、マグネシウムの減少は骨粗しょう症を招くこともあります。妊婦はマグネシウムが欠乏すると妊娠中毒症にかかりやすく、月経前症候群も、マグネシウムの欠乏に原因があるようです。
マグネシウムには脂肪を燃焼してエネルギーに変換する働きがあり、この働きは男女を問わず非常に大切です。疲労やだるさを感じたらマグネシウム欠乏症の兆候かもしれません。
アメリカ農務省のグランド・フォークス人類栄養学研究センターで行われた研究によると、マグネシウムが不足している閉経期の女性はエネルギー・レベルが低く、しかも脂肪を十分に燃焼できなくなり、体力を使うのが困難になるそうです。これは悪循環となります。とても疲れているから運動できない、運動できないから体重が増え、よけいに疲れを感じる。
この悪循環に陥らないよう、マグネシウムを十分に摂るといいでしょう。

マグネシウムのサプリメントはこちら
posted by サプリ at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル

亜鉛

亜鉛の事実

精液にはビタミンEや果糖、ブドウ糖、クエン酸、タンパク質、酵素などのほか、大量の亜鉛が含まれています。
亜鉛が不足すると、男性は性欲が減退し、不妊症になったりします。
また、亜鉛は前立腺にもっとも多く含まれるミネラルです。
前立腺はクルミ程度の大きさで、尿道の上部に位置し、加齢とともに肥大化して甚大な不快感の原因となります。
アメリカでは、高齢の男性に末梢亜鉛欠乏症が多く見られます。

亜鉛のサプリメントはこちら
posted by サプリ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル

マグネシウム

マグネシウムについて

マグネシウムはミネラルのひとつです。体内に存在するマグネシウムの半分は骨に含まれています。マグネシウムはさまざまな酵素の働きに不可欠であり、また、細胞内の電解質のバランスを保つためにも重要な役割を果たしています。保健効果として、虚血性心疾患のリスクを抑えることなどが報告されています。
期待される効能としては、高血圧や高コレステロール血症、心疾患などの生活習慣病に対する効果、腎臓結石の予防効果、月経前症候群(PMS)に伴う症状の予防、妊娠時に生じる下肢痙攣の治療などがあります。
マグネシウムは体内における酵素反応に関与しており、エネルギー産生の調節やタンパク質の合成などを行います。細胞レベルでは、たとえばマグネシウムは、電解質の濃度を調整するイオンチャンネルで働く酵素に欠かせないミネラルです。その他、骨の成長や維持にも必要とされます。
マグネシウムと虚血性心疾患との関連について、いくつかの研究が報告されています。
それによると、カルシウム/マグネシウムの比が小さい(マグネシウムが多い)グループでは虚血性心疾患による死亡率が低く、心臓病の予防におけるマグネシウムの重要性が示唆されています。
骨の健康維持のためには、カルシウムのサプルメントと一緒に摂ることが望ましいようです。



発酵月桃茶 月の桃 ミネラルやカルシウム、マグネシウムの含有量が通常の月桃茶よりも多いお茶です。健康が気になる方にどうぞ【これこれ倶楽部】
発酵月桃茶 月の桃 
血圧や血糖値が気になる方は健康維持にどうぞ 醗酵させることでポリフェノール(ケルセチン、ケンフェロール)、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄が増加しました。塩分を取りすぎている方にもおすすめです。
月桃(げっとう)の香り高い風味をそのままに醗酵の技術でまろやかに仕上げました。


マグネシウムコンプレックス【テレレビューティコーポレーション】
マグネシウムコンプレックス
必須ミネラルの1つであり心臓を含む筋機能をコントロールして、タンパク質とATPの細胞生産にとって必要不可欠の成分です。この商品は高度なキレートが使用されていて溶解度と吸収を高め、循環器系の健康を増進させ心臓発作、カルシウムの沈着を防ぎます。


天然マグネシウム粒【基礎代謝で脂肪燃焼★まっせヤッセ】
天然マグネシウム粒
カルシウム、マグネシウム、が一緒になったサプリメント。
本品はカルシウムとマグネシウムを2:1の理想的な比率で
含有しているので、おいしく簡単に摂取していただけます。
posted by サプリ at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル

カルシウム

カルシウムについて

カルシウムは体の1.5〜2%ほどを占めており、そのうち99%は炭酸塩やリン酸塩として骨や歯に存在します。残りのカルシウムは、筋肉や神経、血液中に存在します。
厚生労働省の国民栄養調査では、カルシウムの摂取量が少ないことが示されています。具体的には、1日あたり所要量600mg対して、550mg前後で推移しています。そのため、食事に加えて、サプリメントを上手に利用することが好ましいと言えます。
カルシウムの期待される効能は、骨祖しょう症および骨折の予防、月経前症候群(PMS)に伴う症状の緩和、閉経後の骨祖しょう症の治療、腎臓病患者におけるリンや甲状腺ホルモン代謝の調整などです。
骨はカルシウムの貯蔵庫であり、必要に応じて、カルシウムを沈着させたり、血液中に溶出したりします。血液中のカルシウムは、生命活動に必要な調整機能を担っています。
カルシウムの吸収過程には様々な要素が影響を及ぼすため、摂取したカルシウムがそのまま体内で利用されるわけではありません。たとえば、シュウ酸やフィト酸、リンなどはカルシウムの吸収を抑制します。一方、ビタミンDやある種のアミノ酸はカルシウムの吸収を促進します。
カルシウムのサプリメントの摂取方法は、ベーシックなサプリメントとして継続して摂取します。特に成長期の小児、高齢者、妊婦・授乳婦などはカルシウム不足になりやすいので積極的に利用するといいようです。



カルシウム不足解消!骨に良い成分を配合であなたの骨・体を健康にしてくれる保健機能食品【ボーンフラッシュ】4個以上で送料無料!【金のたまご】
ボーンフラッシュ
カルシウム不足解消!骨に良い成分を配合であなたの骨・体を健康にしてくれる保健機能食品


ワダカルシウム製薬 『カルコラーゲン』(約300粒)【ワダカルシウム製薬の健康食品 [Wadacal Shop]】
カルコラーゲン
カルシウムとマグネシウムそしてコラーゲンを2:1:1のバランスで、
骨の健康と体のしなやかな動きを支える理想的な配合を実現。
カルシウムの吸収や骨の発育を助け、うるおいある美しさをサポートする
イソフラボン、ビタミンK2、ビタミンD3も配合された健康・美容食品です。


ハンカル(水溶性カルシウム)60【サンテそれいゆ】
ハンカル(水溶性カルシウム)60
ご飯を炊くときにお釜に混ぜるだけで、家族の誰もが知らない間に
カルシウム不足を解消します。


沖縄厳選素材 カルシウム+ビタミンD3【健康彩倶楽部】
カルシウム+ビタミンD3
沖縄産コーラルカルシウムと黒糖を使用1粒でカルシウム300mg 
ビタミンD3が82IU おいしく取れる保健機能食品です。



posted by サプリ at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル

亜鉛

亜鉛について

亜鉛は、味覚や嗅覚、免疫機能、性腺機能、アルコールの代謝などさまざまな機能を正常に保つために必要な微量元素(ミネラル)の1つです。
亜鉛が不足すると、味覚障害や、免疫力の低下、うつ状態、皮膚疾患などを生じます。
亜鉛を摂取していると、風邪にかかったときに早く回復することが知られています。また、男性不妊症、糖尿病、関節リウマチ、味覚障害の予防や治療にも用いられます。
亜鉛は、体内で作用する200種類以上の酵素の働きに必要であり、さまざまな代謝に必須のミネラルです。特に代謝の激しい組織ほど、亜鉛不足の影響が出やすいのです。免疫機能や神経系を正常に保つためにも必要とされています。
亜鉛は、精液中に高濃度に含まれる他、亜鉛不足により男女の第二次性徴の遅れが生じることから、性腺機能の維持にも重要と考えられています。
亜鉛不足による症状の1つに味覚障害がありますが、味を感じるのは、舌に存在する味らいという細胞の働きによります。亜鉛は、味らいの細胞分裂を促し、味覚を正常に保つ作用をもっています。
近年、高齢者だけでなく、20〜30歳代の若者にも、亜鉛不足による味覚障害が増えています。ある病院では、味覚異常の患者に占める若者の割合が7.8%から22.1%へと急増したといいます。
また、亜鉛が風邪を早く治すのに効果的とする臨床試験が知られています。
たとえば、99人の患者を対象にした研究では、13.3mgの亜鉛投与によって、風邪の期間が短縮しました。さらに、212人を対象にした研究でも効果が認められました。亜鉛は、風邪の原因ウイルスの1つ、ライノウイルスが呼吸器系の組織に侵入するのを防ぐことで、効果を示すということです。
その他、胎児の成長、下痢や関節炎、頭部外傷に関して、亜鉛サプリメントによる効果が報告されています。
加工食品の摂取が多い人や、外食・偏食傾向のある人は、亜鉛サプリメントを予防的に摂ることが望ましいようです。



Super Highgrade 亜鉛 (01)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
亜鉛
亜鉛は栄養素しては、馴染みが薄いのですが、カルシウムや鉄と同様重要なミネラルの一つで、健康維持に欠かせない人体にとって重要なものです。
細胞の老化を食い止める亜鉛の働きとは、新しい細胞となるアミノ酸を手に入れ、新陳代謝を活発にします。
物忘れ、肌荒れ、味覚障害などの老化現象にお悩みの方におすすめです。


亜鉛とバナジウムのミネラルで老化防止とダイエット!?【ダイエットミネラル 亜鉛30+セレン50】 ダイエット中に不足しがちなミネラルを補給して老化防止!【これこれ倶楽部】
ダイエットミネラル 亜鉛30+セレン50
ダイエット中は亜鉛不足にご注意!亜鉛は新陳代謝を高めて老化を防ぐミネラルで、体内で作ることができず、食物から摂取しなくてはならない成分です。不足すると記憶力低下・肌荒れ・新陳代謝などさまざまな弊害が出てきます。ダイエット時の食物繊維を多くとることにより亜鉛も体内から排出されてしまいます!ダイエットミネラルはそんな亜鉛を補給し、さらにミネラルもバランスよく配合したサプリメントです。


自信を失いつつある方にマカと亜鉛のWパワー/マカジンク【美容・健康の悩みはビー・エイチ・ラボ】
マカジンク
弱さを感じる方、踏ん張りたい方にマカと亜鉛のWパワー効果をお試しください。


【八丈島明日葉茶100%】あしたば茶なら飲むだけ簡単!亜鉛+カルコン+カリウム&26種のビタミン・ミネラル!セルライト・ダイエット・健康サポート♪【美容と健康なら「らく楽気分」ショップ】
八丈島明日葉茶100%
お茶漬けにしても美味しいですよ!あしたば茶なら飲むだけ簡単!亜鉛+カルコン+カリウム&26種のビタミン・ミネラル!セルライト・ダイエット・健康サポート。


(K)亜鉛+セレン粒【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
亜鉛+セレン粒
亜鉛やセレンなどの微量栄養素は偏食、不規則な食生活で不足しがちになるミネラルです。大豆や胡麻、穀類や海藻・魚介類を十分とっていれば不足することはまれですが、食生活の偏りとともに、これらのミネラル不足が懸念されます。本品は亜鉛とセレンを含む酵母に、ビール酵母、CPP、アルギニン、コーンペプチド等の健康維持に役立つ成分を配合した粒状の栄養補助食品です。無機の金属に多いイヤな金属味はありませんので安心してお召し上がりいただけます。


グルコン酸 亜鉛&銅3個セット【楽彩都(らくさいと)】
グルコン酸 亜鉛&銅3個セット
体に必要なミネラルを摂取できる保健機能食品です。
亜鉛は皮膚や粘膜の健康維持を助け、たんぱく質の合成と大きな関係があり、成長にも関与しています。また、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。銅は赤血球や、骨の形成に必要な栄養素で、多くの体内酵素の正常な働きに必要で、坑酸化作用により細胞の健康維持を助けます。
posted by サプリ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル

ミネラルサプリメントの摂り方

ミネラルを摂取するには、バランスの取れた食生活が基本です。
その上で、個人のライフスタイルを考慮し、ミネラルを含むサプリメントを補助的に利用します。
栄養所要量を目安にして作られた「マルチミネラル」製品であれば、ベーシックなサプリメントとして利用できます。トッピングとして利用しやすいのは、カルシウムや鉄、亜鉛などです。
ミネラルの注意点として、一部の微量元素では摂取量の適正範囲が比較的狭く、所要量の数倍摂取すると過剰になることがあげられます。
具体的には、鉄や亜鉛、銅、マンガンなどです。したがって、通常、男性や閉経後の女性では、鉄をサプリメントで摂取する必要はないと考えられます。
一般に、通常の食生活に加えて「マルチミネラル」を利用するのであれば、問題は生じにくいようです。しかし、個別のミネラルサプリメントをトッピングする際には、念のために注意が必要のようです。
特に、異なるメーカーのミネラル製品を組み合わせて利用する場合は、過剰摂取にならないようにしましょう。
posted by サプリ at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル

ミネラル

ミネラルについて

ミネラルは、人の体の中でさまざまな代謝機能を担う必須栄養素の1つです。
3大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)に加えて、ビタミンやミネラルといった微量必須栄養素が共同して働くことで体が正常に機能します。
いわば、ミネラルは「体の潤滑油」です。
ミネラルの働きは、無機質として、人体の構成要素となることや、代謝に関わる酵素の機能維持に必須の成分としての機能などです。

ミネラルの特徴
3大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物(糖質)に対して、ビタミンとミネラルはともに微量必須栄養素です。ビタミンとミネラルの違いは、ビタミンが3大栄養素と同じく有機化合物なのに対して、ミネラルは無機質という点にあります。
近年、日本人の食生活に占める加工食品の割合が増加し続けており、それに伴って必須栄養素であるミネラルの摂取が不足する危険性が示唆されています。一般に、食品の精製・加工、調理の過程でミネラルは減少します。
したがって、加工食品の摂取が多い食生活では、必須栄養素であるミネラルが欠乏する可能性があり、潜在的な欠乏症を予防するためにもサプリメントを利用する意義があると考えられます。
posted by サプリ at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。